FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「クショラー」

先日お会いしたカワチェンの奥様とお話していた時に
平岡先生の奥様が書いた本「クショラー」の話がちょっとでました。
確か、ずっと前に石濱先生のブログでも紹介されており、
その際に読もうと思っていて、すっかり忘れていましたので、
今回は忘れないうちに早速購入して読みました。

ギュメ寺の管長をされていたロサン・ガンワン先生の
お弟子さんである平岡先生の奥様平岡妃女さんが、
ガンを患ったガンワン先生をご自宅でお世話した約1年半の
様子を書かれた本です。

非常に簡潔に分りやすく、また、ガンワン先生の為に作られた
お食事メニューやレシピも掲載されています。

ページ数の多い本ではありませんが、素直に書かれた文章から
平岡先生ご夫妻のガンワン先生に対する、限りない尊敬と
愛情がうかがえ、非常に感銘を受けた本です。

私の友人の友人のアニ(尼僧)がやはり最近、チベット人の
師をガンで亡くしました、やはりダライ・ラマ法王様の信頼厚い、
特の高いゲシェー(学者僧)であったそうです。

私は友人を通して、そのゲシャラーの写真を数枚頂きました。
(ネットで送信してもらいました)
その中に、痩せた身体を法王様に寄せ、肩に
頭をあずける写真があり、その時のゲシャラーの
無垢なお顔に感動いたしました。

「クショラー」に挿入された何枚ものお写真の中にも
同じように、法王様に寄り添い、法王様がガンワン先生の
肩をしっかり支えられるという、全く同じような写真があり、
改めて、チベットの方にとってのダライ・ラマの大きさを
感じました。

「お前との縁はこれ1回だけでない、
来世もまた深い縁を持って会うことになるだろう、
死の準備として心を整えておきないさい」

と、ガンワン先生におしゃられたダライ・ラマ法王の
お言葉は、私の胸にも大きく残る言葉でした。

ゲシェラーやガンワン先生のご立派な最後には
到底、到達できるはずもありませんが、
幸い、私に与えられた時間は、もっと長いです。

百万分の一でも、ダライ・ラマ法王様のお言葉に
近づくように、心がけたいと改めて思い、読了しました。

「クショラー」
平岡妃女 著
御法インターナショナル 刊
価格 1000円(税別)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。