FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

さくら茶

さて、朝はブッダガヤで購入したCD
 「ブッダーン サラヤン ガッチャーミ ・・・・」
を聞きながら、ネットチェックをするのが習慣になってきた私です。

マニマニ店舗が閉店になってから早2ケ月半経ちました。
その後の約1ケ月近くは、片づけ、事務処理などに忙殺されていたし、
それが終了したら、体調崩してちょっと休養が必要だったりして、
そこへ、この日本を襲った未曾有の大惨事!
何がなんだか、私の頭は整理しきれていません。
(いつもにも輪をかけてね)


    *********

普段からお世話になっている方に素敵な物を頂きました。

ルピシアの「さくら茶」です。
P3300065.jpg
 
桜の花蕾の塩漬けなんです、瓶をあけると何とも言えないいい香り。
そして綺麗な桜色、、、、
この香りしっています。ほらキムラヤのアンパンの上にのっている桜の花。
って、何もアンパンに置き換えなくても。。

飲んでしまうのが、おしいような色と香りなんです。
しばらくは香りを嗅いで心癒されることにしましょう。

つい余裕がない生活をおくりがちですが、こういったほっとする
プレゼントを頂けるのって、とてもありがたいです。

ありがとうございました!


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



PageTop

眼鏡が~~

数日前の事ですが、お気に入りの眼鏡を(というかたった一つの)眼鏡を
うっかり踏んづけて壊してしまいました。
ええ、それは見事に真ん中からポッキリと・・・・

お友達が、セメダインでむりくりくっけてくれました。
お家では、それを使っています。
乱暴にするとまた分解しそうなので、こわごわと使用しています。
新しいの中々作れません。

お気に入りのフレームだったこと。
実は遠近両用で、とてもレンズが高いので、
そんな出費今の私には無理なんです、よよよ、と泣く。

幸い、私はずっと眼鏡生活ですが、ひどい近眼ではありません。
今は乱視と老眼と近視なんです。
裸眼でも外はあるけますから、当分新しいのは作らないでしょう。

皆様も、大事な眼鏡を床に放り出しておいて、踏んづけるなんてなさらないようにね!

えっ、そんな粗雑な人間は私以外いないか?

反省猿!!!



P3210517.jpg
シルバー・梵字ペンダント掲載しました

PageTop

知ると体験するの違い

アルピニスト野口健のブログ
「陸前高田市へ~寝袋を届けて~」

Ilovee tibet主催の長田さんのツイッターをチェックしていて上記の記事を見つけて読みました。
どうぞ、まだの方は読んでみてください。

頭では分かっていても、実際に見る事は全然違う、
ましてその前代未聞の災害を体験するとは・・・?

仮定の話として、こんな状況に置かれるとしたら、
あなたは耐えられますか?
という問いに「大丈夫、私は何があっても耐えてみせる」
なんて答えられる人はいないと思います。

皆が絶対に耐えられない、考えたくもないと答えるでしょう。

でも、否応なく、突然にそんな状況に放り込まれて、
それでも、寄り添い、助け合い、辛抱し、感謝を忘れない
被災地の方々に心からの敬意を表すると共に
何も出来ない、自分にどうしようもない無力感を感じる・・・


私は今、ラジオ福島の放送を聞きながら今これを書いています。
聴きながら先ほど7時24分にラジオから「今地震がありました、ゆれています」
と放送がありました。
その1分後、東京の私も揺れを感じました。

南相馬と宮城県では、復興の仕方が全然違うとも・・・

せめて、心を強く持って祈らなければ・・

グルーンターラーの真言
 オムタレツッタレソーハー



どうぞ、ご加護を・・・

PageTop

チベット・アンティ-ク

流石に東京でも連日続く地震と原発事故に対する公式発表の不透明さ、
被災地のまだまだ悲惨な状況、買占め、水や野菜の汚染のニュースに
気がめいる毎日です。
体調不良も重なり、ブログ更新が滞っておりました。

今年は桜の開花が遅いですね。
(うちのアパートの桜はもう終わりですが)
去年はやたらに開花が早くて、入学式の頃には
散ってしまうのでは?と心配した記憶があります。

そして、去年の桜の時期にイワノッチ店長と店長のお母様と
私の3人で、飯田橋で素敵なフレンチ・ランチを取った記憶がよみがえり、
その思い出が、悲しく思いだされてしまう私です・・・

すいません、ちょっと暗いですね。
たまには、こんな本音もお許しください。

チャンポッット

ウエッブショップの更新も亀よりも遅い歩みですが、
チベットのアンティーク・チャンポットをUPしました。
チャンとはチベットのどぶろく酒の事。

こちらは80~100年近く前の本物のアンティークです。
ヒビ割れがありますから、もう実用にはできませんが、
長い年月を経た、趣がございます。

少しづつ、更新していきます。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

http://manimani-tibet.ocnk.net/product/28

PageTop

東北関東大震災への見舞いと祈り/パッサン・ドルマさんより

長年NYで活躍されたトシ・クンガさんの元に
続々と親交のあるチベタンから数多くの心配と励ましの
メールが届いています。
ダラムサラでも、日本の為に多くのチベタンが募金してくださったそうです。
世界中が日本のために祈って下さっています。
以下は、トシ・クンガさんからの文章です。

----------------------------------------------------

地震、津波、原子力発電所異変への不安と救済の続くなかで、
国内海外から私の手元にメールやその他の連絡が届いています。
世界からの声援を背に受けながら、私たち日本にいる住民として、
改善へ向けて細心の注意と協力を払いましょう。
 
最初に届いたチベット人歌手、パッサン・ドルマさんからの手紙をご紹介します。
*           *           *
親愛なるタシクンガさん、

タシデレ。元気ですか? お変わりありませんか?

元気でいらっしゃると望んでいます。というのは私はニュースにより
日本で巨大な津波が多くの家や場所、高速道路や工場を破壊し、
損害を与えているのを見ました。ほんとうに信じれない涙ぐましいことで、
テレビを見たとき、私はたいそう泣いてしまいました。

津波によって苦しめられている、苦しめられた私の日本の兄弟や姉妹たち、
そして友人たちのために、私は祈ります。

この津波によって起きたすべての障害が終わりますように。
私は祈ります、

これからの被災地での幸福、幸運と成功を。
オムマニペメフム

 オムマニペメフム------オムマニペメフム------オムマニペメフム

 オムマニペメフム------オムマニペメフム------オムマニペメフム

 パッサン・ドルマ
 2011年3月13日


Hi dear Mr Tashi Kunga la,

Tashi Delek. How are you? Is everything fine?
I hope you are fine, because I saw in news about heavy tsunami that many destroyed and damaged homes,
places, highway and factories in Japan, Its really unbelievable and tearful, when I saw in TV,
I am crying myself a lots.
I am praying for my Japanese Brothers, Sisters and friends who were suffering and suffered in Tsunami case, may their all obstracle is done with this Tsunami, so from now I am praying for there happiness,
prosperity and success. ཨོཾ་མ་ཎི་པདྨེ་ཧཱུཾཾ།།
Om Mani Pedme Hum------Om Mani Pedme Hum------Om Mani Pedme Hum
Om Mani Pedme Hum----Om Mani Pedme Hum-------Om Mani Pedme Hum

Pasang Dolma
2011.3.13

*           *           *
私が掲載した動画は、パッサンと共演した2006年長野での<はごろも>コンサートのライブからです。
↑(上記をクリックして頂けると、動画がみれます)

このライブ・コンサートCDはマニマニでお求めいただけます。


PageTop

買占めは止めましょう!

常に良識あるチベット好きの方に言うまでもないことですが、
ツイッターで非常に分かりやすい図になったものを
見つけましたので、拡散希望とありましたので掲載してみました。

(図をクリックすると大きくなります)
258630946.jpg

実際、近所の普段は人気のない(失礼)スーパーに
平日の昼過ぎに行きましたら、水・缶詰・
パン・インスタント麺が見事になかったです。
そして、いつもよりお客さんが圧倒的に多い・・・

スーパーの上にはドラッグ・ストアがありますが、
こちらも見事にティシュとトイレットペーパーが無く、
紙オムツもほとんどなし状態。

始めてス-パーでこのような光景を目にしました。
奇異な光景ですね。

私は目的の納豆(これも全く無かったです)が買えず、
涙を呑んで、佃煮買ってかえりました。
これで質素にご飯食べます。

P3160420.jpg
うちのベランダから見る桜、丁度見ごろです。
P3160421.jpg


全てが一刻も早く、良い方向に向かいます様に!!
心からの祈りを込めて、今日も手を合わせます。

PageTop

スノーライオン・カム基金による東北地震募金

京都にあります、スノーライオン友愛会・日本カム基金さんが
今回の東北大地震で被害に合われた方の為に募金を募っています。

チベット好きの方はご存じのように、スノーライオンは
20年以上もチベット本土、主にカム地方を中心に
里親援助などをされています。
私も、今は亡き国島店長もこちらでカムの子供たちの里親になっております。
言うまでもなく信頼できる団体です。

どうぞ、下記のリンクを読んでください。
スノーライオンに寄せられた、被災に合われた方からの
メール文章が掲載されています。
http://tibet-aid.org/frame/frameset.html

ご協力お願いいたします。

PageTop

桜咲きました。

日を追うごとに被害の大きさが分かり、
そのあまりの惨状に言葉を失い、心が止まったようになります。
東北の方々、尊い命を亡くされた方々、被災に合われた方々に
手を合わせ、心から哀悼の辞を申し上げます。

1.jpg

せめて、ほとんど大きい被害に合わず、でも不安な日々を送っている方々に
一時でも心が和めばと、いち早く咲いた桜花の写真をのせます。
2.jpg

どうぞ、これ以上の被害が拡大しませんように・・
多少の不自由は我慢しましょう。
自我に走ることなく、皆で支えあいましょう。
3.jpg
ツイッターなどで、多くの方が助けっていると知りました。
やはり、非常時にあって発揮される真の思いやりの心。
日本人であることに誇りを持ちました。

どうぞ、最悪の事態が、避けられます様に!!
世界中の方々が寄せて下さる祈りが、届きます様に!!

PageTop

無題

未曾有の大地震に私も動揺しました。

被災地の状況を画面越しにではありますが、
見るだけでも、心臓が痛み、動悸がします。

失われた尊い命、
行方不明の方の安否、
避難所に身を寄せていられる方の心細さ不安

ただただ、手を合わせて祈るしかないです。

せめて、ほとんど被害を受けなかった場所にいる私たちは
デマや悪質なチェーンメールに惑わされないこと、

正確な情報をつかむべく努力すること、
節電に気を使い、実行すること、

落ち着いたら、信頼できる団体に寄付すること。
現時点での義援物資の送付は、現地に届かずに
迷惑になる可能性があります。
ニュースを見て、必要な時期に、真に必要な物資をおくりましょう。

原発が溶解しませんように、
最悪の事態が起きませんように、
必至で働いているであろう、
東京電力の方々の努力が報われます様に、
どうか、どうか、、、、、



PageTop

3月10日 キャンドルナイト

http://www.geocities.jp/t_s_n_j/index.html
上記TSNJにチベット関連のイベントスケジュールが掲載されています。

東京地方の主なイベントは下記の通りです。
詳細は上記リンクをご覧ください。

2011年3月10日(木)チベットの平和を祈るキャンドル・ナイト
 1. 日時:2011年3月10日(木)17:30〜20:30
 2. 場所: 新宿・常圓寺

日時:2011年3月13日(日)
場所:柏木公園(東京都西新宿7-14)
集合時間:11:00 その後、集会
マーチ開始:11:30
予定コース:
柏木公園→新宿大ガード西→新都心歩道橋下→甲州街道→新宿駅南口→明治通り→新宿7丁目→職安通り→大久保公園(12:30頃)
大久保公園(東京都新宿区)にて解散

FREE TIBET

PageTop

ようやく暖かくなって来たと思ったら
月曜には雪が降るし・・
まだ、油断は出来ないけれど、
ベランダから見る桜は着実に開花準備に入ってます。
毎日、観察するのが楽しみな私です。

P3080404.jpg

体調不良もあり、寒さにとても苦しんだ今年の冬でした。
春になれば!暖かくなれば!!
を心の中で何度も繰り返しつぶやいて
どうにか、この冬を乗り切ってきたように思えます。


明日は3月10日
チベット人にとって、とても大事な日です。
彼らも又、いつか本当の自由を取り戻せると、
自分達の国を自分達の手で再び治めることが出来ると、
文字通り血を流して、あまりにも、あまりにも多くの尊い命を懸けて
半世紀以上もの長すぎる時間を願ってきました。

毎年、桜の花が咲くように
彼らの希望が、いつか必ず花咲きますように、祈らずにいられない。

あまりに弱く、小さな私は手を合わせ、慈悲の観音に祈る事しか出来ない。

PageTop

3月は送料すべて無料です!

ひっそりとリニューアルして再開いたしました、
チベットショップ・マニマニでは、
ささやかに、リニューアル記念として

3月末まで、すべての商品の送料を無料
にしております。
どうぞ、ご利用くださいませ!


*と、言ってもアイテムが少なすぎ
なんて、本音が自分の中からも聞こえる。
頑張れ、私!!


PageTop

プー猫です。

P3060262.jpg

実は彼が新しいマニマニの店長です。

皆様によろしく、と言っております。

PageTop

雪、降りましたね・・・

朝、雨だったのに気づいたら途中で雪になってました。
今はまた、雨になりましたが・・・

それにしても昨日との気温差の激しいこと。
こんなに寒い日は着ぶくれして
ストーブの前から動けず。

仕方ないからインド映画のDVDでも見るか!?
って、「my name is KHAN」はもう5回見た。

それでも、飽きない。
大好きだ SRK!!!

大体、私はリピート体質なので
常に新しい物を求める、というよりは
好きな物を何度も味わいたい方なのである。

お料理も大鍋一杯作って、無くなるまで
3-4日同じもの食べても平気。
好きな音楽はエンドレスでいつまでも。
感動した本も繰り返し読み返す。
お気に入りの場所へは何度も行きたい!!

で、シャールク・カーンの別の映画みてます。
歌って、踊って、ストレートな愛情、HAPPYEND
気分が明るくなるので、やっぱりインド映画好き!

PageTop

ガイアシンフォニー 第二番

ベランダから見える桜の木はもう花の蕾もかなり膨らんで
中には、ピンクに見えるものもある。

うちのアパートの桜は実のなる木なので染井吉野より
開花が早いのだ。

暖かい日が数日続いたのに、今日はまた気温が下がって
朝から雨ふり、でも天気予報では雪になる可能性も・・・

寒暖を繰り返して、着実に春になっていくのね。

今頃、ですが龍村仁監督の「ガイアシンフォニー 2番」を見た。
マニマニで最後に一緒に働いてくれたFさんが貸してくれました。

私この有名なシリーズについて聞いたことはあっても全く見ていないのです。

この2番にはダライ・ラマ14世もご出演なさっています。

でも、特に感銘を受けたのは佐藤初音さんの事。

若い頃に体を病み、文字通り血を吐きながら通学し、
ある日、大喀血して倒れてしまい、
薬ではダメだと、食べることが基本なのだと
彼女は自分の体から教わり、食事を大切に大切にしていく。
そしてそれを他の人と共有していく。

ごちそうを食べるわけではない、有名どころの物を取り寄せるのではない、
ただ、自分の周囲にあるものを丁寧に扱い、手間を惜しまずに調理する。

クルミを一つづつ割って、すりこ木で細かくして和え物を作る。
漬物も一日一日、状態をみてやり、それに合わせて漬物石を変えてやる。
丁寧に梅干を一つづつ、天日干しにし、風にあててやる。
雪の下に隠れるフキノトウを宝物のように大事にとる。

彼女の作るおにぎりは美味しくて、それを食べて自殺をとどまった人もいるとか。
心傷ついた人が彼女の元に来た時に、初音さんはただ心を込めた食事をだし
黙ってそばに座っているという。

それが心疲れた人にとって一番必要としていること。
  ただ、そばに居てください、
   私はひとりではないと信じさせてください。

丹精込めて作られた暖かい食事と初音さんの存在がそれを与える。

彼女は生活が祈りだという、動の祈り・・・

私はもう一人、初音さんと同じ心を持った女性を知っている。
世界中の多くの人が知っている。
インドの家族からさえも見捨てられた人々を救い続けた
神の愛の宣教会を設立したマザー・テレサである。


とても、教えられた事が多かった。

ありがとう。

PageTop

タルチョ木版

P3060264.jpg
さて、これはいったいなんでしょう?

タルチョという五色旗をご存知の方は多いと思います。
そう、チベットの写真集などに良く写っている、
経文が印刷された祈願旗です。

これはそのタルチョをプリントする為の木版です。
勿論、手掘り、1点ものです。
中央にはルンタ(風の馬)が彫られています。

この細かい細工をご覧になってください。
実物はどっしりとした木に彫られています。

近日中にHPに登場予定。

お楽しみに!

PageTop

ロサ・タシデレ!!

ロサ・タシデレ!!

本日3月5日はチベット歴でお正月です。

新年おめでとうございます!

チベット人も日本のように、故郷を離れている人は
家族の元に戻り、皆でお正月を楽しくお祝いします。

P3050261.jpg


さて、私も本日は親しい人たちとささやかに
ロサールをお祝いいたします。
って、単にお食事するだけですが。

本土のチベットの人々もロサールをお祝いできます様に!
ダライ・ラマ14世がご長寿であらせられますように!


FREE TIBET


PageTop

タシクンガによるチベット音楽紹介

ようやくリニューアルを果たした(と言っていいのか?)マニマニに
強力な助っ人登場です!!

ダライ・ラマ法王14世の御前演奏をなさった事もある
タシ・クンガさんです。

タシさんの経歴にもあるように、長年NYに住まわれていた
タシさんは多くのチベット人ミュージシャンと深い交流をお持ちです。

そういった経験から、素晴らしいチベット音楽CDの紹介や
チベット音楽について、不定期的にこのブログに文を掲載してくださいます。

タシさんの協力の元にマニマニでは今後特にチベット音楽CDを幅広く
取り扱って行きたいと考えています。
一時も早く,CD・DVDコーナーも作成し、ご紹介出来るように頑張ります!
どうぞ、皆様お楽しみに!

それでは、第一回目。
ご本人による皆様へのご挨拶です。

 ***********************

自由が丘のチベットショップ・マニマニがネットによって継続されることになり、
私がその音楽コーナーを担当することになりました。

チベット音楽史にも触れ、現在活躍している世界中の
優秀なチベタン・ミュージシャンたちを紹介し、
かれらのCDやDVDを手に入れる日本一のショップにしたいと思います。

_TIB0507_s_2.jpg


***タシクンガ略歴***

チベット古典音楽奏者。ダムニェンと呼ばれている三味線の元祖を弾く。
ニューヨークに30年間滞在した後、2009年に帰国。
日本人として初めてダライ・ラマ法王の御前で演奏し、2007年に
チベット音楽賞国際部門で最優秀賞候補としてノミネートされる。著名な
チベットのミュージシャンたちと数多くの共演をしている。

http://www.youtube.com/watch?v=p2qfnH0GWIM

PageTop

ショップ・リュニューアル開店しました!!

ウエッブショップ「チベットショップ・マニマニ」が
リュニューアルして、ようやく戻ってまいりました


http://manimani-tibet.ocnk.net/

アドレスが変わりましたので、ご注意ください。
改めてお気に入りに登録して頂けると嬉しいです。

OPENといっても、ご覧になれば分るように
まだ、数点しか掲載できておりません(汗)

サーバーを新しい所に引越しいたしましたので、
慣れずに作業がはかどりません。

写真も中々上手く撮れずに試行錯誤の毎日です。

少しづつ掲載品を新たにし、改善していきますので、
暖かい目で末永く見守って頂けると嬉しいです。

どうぞ、宜しくお願いいたします!!

ご意見、ご要望をどんどんお聞かせくださいね!


PageTop

立花隆を読む

先日、本屋で目に飛び込んできた本、立花隆の
「がん 死と死の謎に挑む」を購入して読む。

これは2009年11月にNHKスペシャルで放映された番組を
ベースに書かれている。よって本にその番組のDVDがついていて
まず、それを見てから本を読むように立花氏も言われている。

私はここ数年、ほとんどまともにTVを見ていないので、当然その番組も
見ていないので、DVDから見て、本を読了した。

その感想を箇条書きに書いてみる。

・まず、「がん」とはなんぞや?という事を取り上げた番組も本も
今回が初めてあるという事の驚き。
・そして、その「がんとは?」に私自身がとても興味があり、知りたいと思っていた。
・がんはいまだにそに実態は解明されておらず、ごく一部の癌を覗き
根治を期待できる治療法はない、という事実。
・がんは生命が単細胞から多細胞に進化した時点から、人間の生命そのものの
表裏をなすが如くに、存在し、がんを生命体から完全に抹消することは
その生命体を失うという事。
・再発がんに関しては、おおざっぱに言ってしまえば、抗がん剤はせいぜい
平均寿命を2ケ月延ばすに過ぎないという事を、医者はみな知っているとい事実。
・多くの最先端のがん研究者が、がんの特効薬発見は50年~100年かかるやもしれぬと思っている事実。
*以上は私の理解であって、私の誤解もあるかもしれないという事を付け加えておく。

不思議なことに、この本を読んで私は絶望しなかった。
それは、ひとつに立花氏のあくまで冷静な文章によるものと思う。
立花氏自身が膀胱がんを患ったことが、NHKの番組を作成するきっかえになっている。

立花氏はたとえ再発してもQOLを下げないために
抗がん剤はしないと、公の場で明言されている。

誰の中にも存在するがんというもの。
生命の神秘を感じた。



PageTop