FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

グリーンターラ 入荷しました。

人気のグリーンターラーのタンカが入荷いたしました。

写真では、なかなか良さを伝えられないのですが
(すいません、写真ヘタです)
いかにもチベットというお顔をされています。
流麗な線と色彩で描かれたグリーンターラーは
観音菩薩の涙から生まれた慈悲の象徴です。

その他にもカーラチャクラ・マンダラ等選りすぐりの
タンカが入荷しております。

ご来店の際にスタッフにお申し付けください。
お手にとってご覧頂けます。

P9280.jpg

スポンサーサイト



PageTop

「チベットサポートSHRI」のお知らせ

協力チベットポーターの方からフライヤーを届けて頂きました。
手の届きにくいチベット本土への貴重なサポート活動です。

SHRI(シュリ)は中国青海省(アムド)黄南州ツェコ県ホジョレ村の
小学校を支援するサポートプロジェトです。(フライヤーより)

私が数年前から里親にならして頂いているスノーライオン・カム基金さんも
そうですが、チベット本土への、特に地方でのサポート活動は大変なご苦労が必要です。

まして、昨年以来、現地と連絡を取るのも簡単ではない状況が続いているようです。

でも、だからこそ、チベット本土の子供達への支援の必要を強く感じずにはおれません。

SHRIのフライヤーにも書かれていますが、
現地で満足な教育が受けれない子供たちが沢山います。
だから親は心引き裂かれる思いで、
子供たちを危険を承知でインドへ亡命させるのです。

この亡命がどれだけ危険と隣り合わせかは「ヒマラヤを超える子供たち
(サポートKIKU:発売DVD)をご覧になれば分かります。

サポートSHRIではガーディアン・ペアレンツ(守護親)スタイルの
サポートを中心に行っています。

スポンサー費:年間40000円
スポンサー期間:2年間

支援費振込
ゆうちょ銀行 振替口座 00130-9-581366
口座名義:チベットサポートSHEI

詳細は下記のホームページをご覧下さい。
http://www.shri.jp

マニマニではフライヤーを置かせて頂いております。
どうぞ、マニマニへご来店の節はご自由にお持ちください。
>img143.jpg
写真はクリックで拡大されます。

PageTop

レバー焼きにはまる。

最近ちょっと貧血気味のようなオカヤンです。
赤血球がたりな~~い、という事でレバーを
進んで食べるように致しました。
そう、焼き鳥のレバー焼きを。

近所の鶏肉屋さんが午後になると店頭で
焼き鳥を始めます。
専門店でこの道数十年のおじさんが焼いてるので
これが、本当に美味しいんだな~。

夕方買いに行くと、辺りに良い匂いがして
いつも数人の方が焼きあがるのを並んで待ってます。

私は今まで内臓系は苦手で、どんな料理でも
殆ど食べなかったし、焼き鳥は好きでもレバー等は
避けていたんですが、ここのは 旨い!

やっぱりお肉が新鮮だからかな。
まったりとした口当たりが癖になりそう。

が、困ったことがひとつ。
同居のプー(猫)が焼き鳥に物凄く反応するんです。
奪われまいと、お皿抱えて食べている私です(笑)

ちなみに、このお店は自由通り、亀屋万年堂本店さんの
直ぐ近くです。 水曜定休日、焼き鳥は午後3時半からです。
テイクアウトの他に、店頭でそのまま数本だけ食べる!も可能ですよ。


PageTop

「チベットの歌」コンサートのお知らせ

以前このブログでチベット音楽のアーティスト タシ・クンガさんに
マニマニにご来店頂いたことを書きましたが、
そのタシ・クンガさんが出演なさるコンサートのお知らせです。

詳しくはここ、チベットハウスのページです。
http://www.tibethouse.jp/event/2009/090929_concert.html


日付:9月29日(火)
場所:新宿・常圓寺(じょうえんじ)
時間:6:00~(受付開始) 7:00~開演
料金:1500円

出演:テンジン・チョギャル
    タシ・クンガ(空閑俊憲)


新宿 常圓寺様といえば、様々なチベットのイベント会場となって
くださるチベサポの皆様にはお馴染みのお寺ですね。

お寺で聴くチベット音楽もいいだろな~。
ああ、行きたい・・・きっと素敵な夕べになることでしょう。
でも、オカヤン この日は店番だあ~~~~(号泣)
閉店後に駆けつけても間に合わないですね。
サービス業ってこういう時不便(本音)



PageTop

テチュン コンサート

さて、すでにチベット系ブログで多数報告がなされていますが、
13日サントリーホールで行われたチベタンアーティスト、テチュンさんの
コンサート、ちょっと遅ればせながらオカヤンも感想を報告です。

まず、一言

ああ、やっぱり すてき!

素晴らしい声・パフォーマンス、
まさに「あの声が魅了する」ですね。

チベットの方の声は、どこまでも澄み渡り、
聴く者を遠くヒマラヤの彼方に連れ去る。
いつも私は切ないほどの思いにかられます。
この声をヒマラヤで、チベット高原で聴きたいと・・・

サントリーホールは言わずと知れた
日本有数の音響効果を誇る会場ですが、
テチュンさんの音楽は、チベットの声は本来、
自然の中で歌われ、演奏されてこそ
真にその生命が輝くと信じます。

とまれ、やはりこのコンサートがパフォーマンスとして
第一級だったことに違いはないです。

ダムニェンとビワンの演奏に軽快な足ステップ、
どうして、すましてサントーリホールの椅子に座っていられよう。
チャンを飲んで、円座を組んで、もう本当に一緒に踊り出したくなる程!
ラストのほうで観客も一緒になって歌った「kyi po tan」の楽しかったこと。

テチュンさんの子供たちにチベットの伝統芸能を伝えようと言う
セムシープロジェクトから日本に住むチベタンの子供たちが、
チュバ(チベットの民族衣装)を着て歌った様には、
もう頬が緩みっぱなし、なんて愛らしい!

そしてチュバ姿も美しい強力チベサポ・ボランティアスタッフの方々が
降らして下さった色とりどりのルンタ(お経が書かれた紙)が
ステージに舞う様は実に美しかったです。
あとで、終了後に数枚拾って、頂戴いたしましたが、
これは多分、スタッフの方々の手作り品ですね。

幸福な一夜をありがとうございました。

私は私用の為にコンサート終了後、直ぐに帰路についたのですが、
去年同様、終了後にテチュンさんのサイン会もあったようですね。
やはり、歌声どうようにお人柄も素晴らしい方です。

これもチベット系ブログで知ったのですが、さる大物アーティストの方も
テチュンさんのコンサートに来ていらして、
ご自身のブログで大絶賛されています。
http://www.u3music.com/message/index.php?m=1&d=2009091422351j.xml
(このCDはマニマニでも扱っていますよ~)

テチュンさんはこのあと、大坂でもコンサートを開かれます。
9月25日(金) 
大阪ミナミ道頓堀 中座 くいだおれビル4階 studio ZAZA
☎ 06-6212-3005

お近くの方、是非、是非行かれてください。
幸福な一夜をお約束いたします。
詳細は下記のページをご参照くださいませ。
http://www.ray-light.net/eventnews/enjoytibet2.html






PageTop

チベットのお香は癒しのかほり・・・

はい、写真のようにカラフルで綺麗なパッケージの
チベット香が各種入荷致しました。

グリーンターラ・薬師如来など各尊格名がついた物から、
写真はありませんが定番のお求めやすい価格のものまで、
各種入荷致しました。

P9170684.jpg
チベットのお香は一度お使いになって頂ければ分かります様に、
天然素材だけから出来た癒される香りです。
サンダルウッド・カルダモン・シナモン・クローブ・などなど・・

皆様よくご存じの素材が主成分ですので、
どなたにも安心してお使いいただけます。
okou1350-1.jpg
中身は↑このようになっております。

今回は本格的チベット式の香箱も入荷しました。
祭壇用に、またインテリアとしても最適です。
もちろん、ミニサイズの香立ても入りました。
P9170686.jpg
秋の夜長をチベットのお香を焚いて、
風流に過ごして下さいね!

PageTop

ティンシャ・シンギングボール 再入荷!!

お待たせいたしました~~!!

欠品になっておりました定番ティンシャのオンマニ真言柄とタシタゲ柄andミニサイズのシンギングボール各種が入荷いたしました。

すでに店頭に並んでおります。 今回の品もとってもいい音を響かせますよ。
是非、お手にとって鳴らしてみてくださいね!

また癒される香り、チベットのお香も各種入荷いたしましたので、次回ご紹介いたしますね。
P9150660.jpg

P9150661.jpg

PageTop

ヤフオク始めました!

マニマニでは、新たな挑戦(?)で、
YAHOOオークションに出品を始めました。

マニマニのWEBSHOPに掲載されていない、
アクセサリー・雑貨などもこちらでは
どんどん出品して行きたいと思います。

まだ、数は少ないですが、これから頑張って
沢山の品を出品していきますので
ホームページ同様によろしくお願いいたしますね!

右上のYAHOOバナーよりご覧頂けます!
マイ・オークションをごらんください

PageTop

カルメン

少し前にお店の帰りに本屋に寄ったらいきなり目に飛び込んできた「カルメン」の文字に釘付け。
ドミンゴ、クライバーでウイーン国立歌劇場。そしてDVD990円!の価格。
IMGP0182.jpg(これはDVDについていた解説書の写真)

表紙写真を見ると確かに若かりし頃のドミンゴがホセを演じてる写真。間違いない。

これは買うしかないだろう、と思いつつも手に取りはせずに、頭の中でグルグル思考が回る私。

ここは本屋さん、CD屋さんじゃないのに、なぜDVDがこんな目立つ場所に?
ま、それは音楽業界とのタイアップ商品なんだろうが、それ故に発行部数も多く低価格が実現しているのだろうが、それにしても此れほどの名演のDVDが990円って、価格破壊も行き過ぎなのでは?
演奏者に申し訳なさ過ぎる値段だぞ・・・などなど。

と、言いながら勿論買いましたけどね。

実は私はこのオペラのビデオを持っている。
近年は殆ど見ていないけれど、実はオペラがとても好きな私。特にテノーレのプラシド・ドミンゴのファンで、かってファンクラブにも入っていた。このビデオもファンクラブを通じて入手した貴重なビデオ。当時商品化されていなくて、ダビングにダビングを重ねた画像の悪いものだったけれど、それを補って有り余るほどの舞台の素晴らしさに涙したものだった。

実に久しぶりに見たクライバーのカルメンはやっぱり凄い。
カルロス・クライバーは2004年に惜しくも亡くなったので、私は一度も生の彼の演奏を聴く事は出来なかったが、CDやビデオは持っている。

彼の指揮は完璧だ。そして指揮する姿が実に美しい。
初めて(ビデオだが)指揮する姿を見たときにビックリした。
勿論実際の音を出しているのはオーケストラの方々であって指揮者ではないのだが、
クライバーを通じて音楽が流れているように感じたから。
こんなに全身から音楽が溢れている指揮者を見たことがなかった。
まさに彼自身が歌っていた。

このカルメンは1978年のウイーン国立歌劇場でのライブ演奏を収録したもの。
演出はフランコ・ゼフィレッリ。
ホセ:プラシド・ドミンゴ
カルメン:エレナ・オブラスツッオア
と何もかも一流ぞろい。

私はCDなどを購入するときに演奏年代に注目する。
歌手はナマモノ。どんなに才能のある歌手でも、どんなに努力しても肉体が楽器である歌手は身体能力が一番高い時が一番旬でもある。
若いときは声はあっても、テクニックや表現力が今一。
年をとればその逆、声の美しさはどうしても失われる。
歌手の旬はそんなには長くは無い。と思えば本当に厳しい職業である。

そしてやはり舞台はどんなに録音技術が向上しようとも生が一番。
だから旬の歌手と同時代に巡り合い、生の舞台を一流の指揮者・オケ・演出で
聴く事が出来たらそれは本当に幸運なこと。

78年のドミンゴは37歳で丁度油が乗ってきた頃。
若々しいリリックテノールはみずみずしく、艶と張りがあって汲めども尽きぬ泉と言った感じで
本当に美しい。

ゼフィレッtリのいかにも正統派の重厚な演出も好きだ。
近年はこんなにお金を掛ける演出は難しいだろう。

久々に音楽に堪能した私です。

PageTop

「パルデンの会」様より

パルデンの会様より、下記のご案内を頂きましたので、
以下そのまま掲載させて頂きます。 

----------------------------------------------
「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展 入場者に対してチベットを悟ってもらう運動

上野の森美術館で開催する、「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展 入場者に対し
てチベットを悟ってもらう運動 のお知らせです。

日本人として 中国共産党がチベットで行ってきた 非人道的な数々の悪行を非難すると共に、 チベット文明、文化を根絶やしにするべく、チベット社会や
仏教寺院から盗んだものを 「至宝」として我々に見せる恥知らずな行動を糾弾しなければなりません。

我々 「パルデンの会」 は名前の由来である、パルデン・ギャツオ師が33年間、獄に繋がれて受けた数々の拷問を思い出し、今回日本に持ち込まれた 仏
像 とそれを守って、死んで行った 僧や尼僧そしてチベット市民の精霊に対して、弔いを行う予定であります。

期間中 上野の森美術館入り口にある 上野・天台宗寛永寺の開祖である天海僧正の毛髪塔前をお借りして、仏像とチベットの精霊にたいして 弔いのチベッ
ト経の「般若心経」を供え、「至宝展」入場者・関係者に展示物が抱えている大きなチベットの叫びを伝えたいと思います。

===========================================
【日時】2009年9月18日から2010年1月11日の間の土曜日、日曜日、祝日の 9:00-18:00 特に 9/18, 9/19 は大勢の報道各社が来るので、大勢の皆さんの参集を希望します。
【会場】上野公園内 天海僧正毛髪塔前【上野の森美術館正面入り口前】
【費用】無料
【主催】チベット支援「パルデンの会」(F.T.P.)
【問い合わせ先】 
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshi2_99/20703639.html
HP:http://www14.ocn.ne.jp/~palden1/
を参照してください。

抗議方法:     至宝展に来館された方、関係者に すばらしい展示物
          の展示の裏には、それを守ろうとして沢山のチベットの僧、尼僧
          一般人が犠牲になって来た事を悟ってもらうとともに それらの
          宝とともにチベットから訪れた精霊を弔うために、チベット経の
          般若心経を毎日108回お供えいたします。

抗議への参加:   チベット経の般若心経は繰り返し108回C Dプレーヤーで流されま
          す。ご賛同の方は自分の気持ちの済む限り、お好きな場所で
          お祈りください。お祈りの気持ちが 関係者、来館者に届くこと
          を念じてみてください。 「祈る」 という行為は宗派を問わず
          人間がほかの生物と違うところだと思っております。

留意点 :     チベット経の般若心経はFPMT(大乗仏教保存財団―米国)の物を
          使用しておりますが、この運動 及び主催者 はいかなる宗教団体、    
政治団体に属してはおりません。あらゆる国籍、あらゆる宗教の方が集い思いを念じていただくだけです。 抗議の叫び等はありません。地べたに シートを張っているだけなので 座布団、簡易椅子など各自お持ちください。抗議のプラカードは現場に置きますが、
チラシ、パンフレット など置くことができます。
皆さんの ご参加お待ちしています。

PageTop

秋のお祭り

自由が丘の熊野神社の秋の大祭は明日9月5日.6日です。

今年は残暑も厳しくなく、早くも過ごしやすい日々ですね。
お天気が宜しかったら週末はお出かけになってはいかがですか?

今、自由が丘は熊野神社の大祭の飾りがあちこちではためいております。

PageTop

ダライ・ラマ14世 2009年来日講演

今年も法王様はありがたくも来日してくださいます。
以下、来日講演スケジュールです。
チベットハススさんからの情報をそのまま掲載いたします。
各講演の詳細はリンクページからご覧ください。
------------------------------------------

2009年10月31日(土)
東京法話「さとりへ導く三つの心と発菩提心」 October 31, 2009 (Saturday)
His Holiness the Dalai Lama's Public Talk
会場:両国国技館  

2009年11月01日(日)
東京講演「地球の未来」への対話 -仏教と科学の共鳴-
会場:両国国技館  

2009年11月03日(火・祝)
四国特別講演 「自分を幸せにする生き方」
会場:愛媛県武道館

2009年11月05日(木)
沖縄特別講演「平和と慈悲のこころ」
会場:県立武道館

PageTop