FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

イベントのお知らせと署名のお願い

チベット展フライヤー(大)


主催の方からご案内を頂きました。すでご存知の方もいらしゃるかと思いますが、
マニマニでもチラシを配布しておりますので、ご関心をお持ちの方はどうぞお持ちください。
その名の通り、大勢の方の協力で行われるイベントです。
きっと、新たな「チベット」に出会えると思います。


【日時】
6月7日(土)11:00~19:00
6月8日(日)9:00~18:00

【場所】
泉の森会館
 所在地:東京都狛江市元和泉1-8-12 小田急線狛江駅北口1分
 TEL:03-5497-5444
 URL:http://www3.ocn.ne.jp/~izumi/

【入場料】
全て無料

【展示内容】
<両日・2F>○終日 写真・絵画展
<土曜・2F>○11:00 チベットの抗議活動で亡くなった方々の冥福を祈る法要
      ○12:00 チベット横断チャリダーの旅を語ろう茶館
          (随時入退場可)
<日曜・3F>○13:30 映画「チベットチベット」上映会
      ○15:30 講演会 クンチョック・シタル氏
           (チベット仏教普及協会ポタラカレッジ)
      ○16:30 チベット音楽コンサート(予定)
 ※満員の際は入場制限をさせていただきます。ご了承下さい。
                  (3Fホール最大100名)

【展覧会のホームページ】
http://tibet-daisuki.at.webry.info/
----------------------------------------------------------------------------

また、マニマニではFREE TIBET TEAM JAPAN
「洞爺湖サミットでダライ・ラマ法王と胡錦濤国家主席との対話を実現させよう」の
署名活動に賛同していただける方の署名集めに協力しております。
マニマニに署名用紙をご用意しておりますので、お気軽にスタッフまでお声を掛けて下ださいませ。
期限は6月20日です。

なお、引き続き「チベット危機に関する声」の署名活動にも協力しております。
こちらは今の所期限はありません。

皆様のご協力を心よりお願いいたします!


洞爺湖サミット呼びかけ用紙

署名用紙

スポンサーサイト



PageTop

募金のお知らせ&報告

犠牲者の数が刻々と膨れ上がる四川省大地震。

瓦礫と化した街、肉親を失った人々の慟哭。

胸を突かれる映像が昼夜報道されています。

つい先日まで、チベット問題で世界を巻き込み

メディアの誘導で漢民族対チベット民族的な対立構図が

描き出されていたのですが・・・・

人知を超えた大災害の前では人類はあまりに無力で、

とにかく助け合って共に乗り越えるしか道は無いと思い知らされます。

歴史的に検証しても、四川省はチベット文化圏であり

その他の少数民族も大勢暮らす土地です。

沿岸部の急速な発展に比べて、かなり取り残された

弱者の土地であるのは間違いないです。

日本にいて何ができるかと考えると、やはり募金かと思います。

が、役人の腐敗が骨の髄まで浸透している国のこと。

ここは慎重にと思い、本当に困ってる人のもとにきちんとお金を届けてくれそうな

ところを探してみました。

国境なき医師団

AMDA

バイマーヤンジンさん


*************************

3月14日のラサ動乱から5月14日までの二ヶ月間

マニマニでは通信販売も含めて多くのお客様にチベット国旗を

お買い上げいただきました。 本当にありがとうございました。

そこで、皆様とチベットへの思いを共有し、チベット救済に

少しでもお役に立てればと思い、収益の一部をSAVE TIBET NETWORK

さんに寄付させて頂きました。

多くの皆様の思いを代表させていただき、チベット支援にお役立て

頂くようお願いいたしました。

これからも継続的に地道な支援を実践し行こうと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。



PageTop

あれから2か月

ラサで勃発した動乱から2か月になります。

その間何が変わって、何が変わらなかったのか。

いろいろあります。

日本についていえば、大変多くの人たちが

チベット問題を初めて知る機会を得、

個人差はあれども、自由とは、人権とはといったことを

多少考えさせられたのではないでしょうか。

そして、変わらないことといえばチベットでの状況。

捕らわれた人々への拷問、兵糧攻め、怪我人の放置など

一向に改善される様子もありません。

中国政府がダライラマ法王との対話を表明した時には

一筋の光明が見えたかと期待した自分を呪います。

***********

先ごろまでマニマニ店頭でご協力をお願いしていました

SAVE TIBET NETWORK 呼びかけの署名も、大変多くの方々に

ご賛同、ご協力頂き誠にありがとうございました。

お預かりした署名は皆さまを代表して提出させていただきました。

5月6日日本青年館で行われた「チベットを救え!」大集会では、

舞台上に日本各地からのみならず、パリ、ニューヨークなど

海を越えて届けられた署名が山のように置かれていました。

日本政府あては一万四千余通、中国政府、国連宛てもそれぞれ

1万通前後といった数字が発表され、改めてこの問題に示された

内外の熱い想いが伝わってきました。

***********************

長野聖火リレー、胡錦濤主席訪日という五輪開催前の

日本国内における大きな山場が過ぎようとしています。

ご存じのとおり今回の一連の騒動もマスコミの扱いは

非常に偏っており、チベットで何が起きているのかといった

問題の核心を伝えようとするメディアはほんの一握りです。

マニマニにも電話で多数問い合わせがあったものの

質問は以下の2点のみ。

「国旗は売れてますか?」

「本当は中国人の工場で作ってるとの噂ですが」

***************************

長野ではあれほど加熱した報道合戦も、

主席来訪中はかなりの報道規制が布かれているようで、

早稲田大学の門内での、まるで学園紛争のような

騒ぎなどは殆ど伝えられていません。

***************

ともあれ、一時ヒートアップしてもすぐ熱の冷めてしまうのが日本人の常。

このうねりを途切れさせないためにも、コツコツと何かを続けたいと思います。

「チベットの危機に関する声」の署名も引き続き行っております。

こちらからオンライン署名もできますが、マニマニの店頭でも署名フォームを用意してます。

チベットの危機に関する声

ご賛同いただける方のご協力を是非ともお願いいたします。

**************

また、チベットサポートKIKUさんが支援されている

チベット難民の子どものドキュメンタリーDVD

「ヒマラヤを越える子供たち」が再入荷いたしました。

ヒマラヤを越える子供たち

収益は全て難民支援に寄付させて頂いております。

こちらも合わせて宜しくお願い致します。


PageTop