FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

フォスター・チャイルド

最近とても寒いですね。
皆様、風邪など引いていませんか?

さて、カワチェンで私のクラスメイトのEさんが、このブログを
かなり遡ってまとめ読みして下さり、大分前に私が書いた里子の話を読み、
TIBET AID(スノーライオン・カム基金)から
彼女もカム地方の子供の里親になって下さいました。
そのお話を聞いたときは、とても嬉しかったです。ありがとうございます。

Eさんは素敵な方で、以前からダラムサラのチベットの子と、
韓国の子の里親にもなっています。

で、思い出したのがちょっと悲しい話ですが、去年末に会った私の友人の話です。
久しぶりにあって色々おしゃべりをしていた時に、里子の話になりました。

彼女は以前にアフリカのシェラレオネという国の子供の里親になっていたそうですが、
ある日突然に管理団体から「里親の必要がなくなりました」という通知が来たそうです。
その時は良く事情が飲み込めなかったそうですが、その後彼女はある一本の映画をみて、
深く事情を理解したそうです。

その映画はレオナルド・ディ・カプリオ主演の「ブラッド・ダイヤモンド」です。
ハリウッド映画ですから、ご覧になった方もいらっしゃると思います。
私は観ていなかったので、後日ビデオを借りて見てみました。

アフリカの小国でダイヤモンドの鉱脈が見つかってから、その利益を巡り、
反政府組織と大国により翻弄され、一般民衆や子供達が犠牲になる、という話です。
映画その物は、細部にこだわりつつもエンターティメントに徹し、ディ・カプリオも
素晴らしい演技力で、あきずに見れる映画です。

その映画なの中で、子供達が反政府組織にさらわれ、少年兵にさせられてしまうのです。
私の友人の里子もそのような運命をたどったのかもしれません。
映画を見たときの友人の悲しみはいかばかりであったか・・

世界で起こっている悲しい出来事は、決して遠い世界の、縁の無いことではなく、
自分と繋がっているとういう事を意識しなければならないと思います。


スポンサーサイト



PageTop

ブータン憧憬

本日は私オカヤンはお休みで、カワチェンさんでチベット語のクラスでした。

先生のケルサンさんは12月からミッシング・ピース展のオープニングに参加と
ご親戚のお宅訪問の為にアメリカに行かれていて、昨日帰国されたばかりなので、
今日が今年初の授業でした。

ケルサン先生は時差ぼけの為に昨夜眠れず、夜中にカレーとチャパティを
作っていたそうで、それを持参され皆で昼食に頂きました。
インド料理の腕もなかなかでとてもおいしかったです。
ご馳走様でした。

ミッシング・ピース展ではあのハリウッド大スター シャロン・ストーンと先生が
同じフレームに写っている写真を見せていただきました。 すごい!

また、同じ生徒の中にはこのお休み中にチベットに行かれた方やブータンに
行かれた方がいて、特にブータンに行かれたMさんには写真を沢山見せて頂きましたが、
これがもう溜息しか出ない、素敵な写真ばかりなんです。

Mさんは2度目のブータンで、とてもブータンが好きな方です。
見飽きる事の無い美しい風景・人々の表情の中に愛情が見て取れます。
あんな素晴らしい景色の中に私も立ってみたいと、心の底から思いました。

皆にお土産にとても美しいブータンの切手と可愛らしい布製のしおりを
頂きました。 ありがとうございます。

私もブッダガヤで初めて親しくした僧侶の方がブータン人だったこともあり、
とても親しみを感じる国です。
いつかお金を溜めて頑張って行こう!

そんなこんなで皆で話が盛り上がり、午前の授業開始から数えると
延々7時間も居座ってしまいました。

まっ、新年会のかわりですね。

来週から勉強も頑張ろうっと!

PageTop

2008年も明けました!

新年あけましておめでとうございます

本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう
お願い申し上げます。

自由ヶ丘ショップ、並びにWEBショップは
新年4日より営業いたします。
皆様のご来店をお待ちしております。

久しぶりに寒い冬となりました。
お風邪など召しませんようご自愛くださいませ。

マニマニ
店長イワノッチ&オカヤン

PageTop