FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

ムサフィール

これまたちょっと前のことですが、
こんなライブに行きました。

musafir.jpg


ラジャスターン伝統音楽+大道芸の一座 <ムサフィール>。

古典音楽をじっくり聴かせる傍ら、
妖艶な踊り子が舞台狭しと跳ね回ったり、
車輪廻しの芸人が出てきたりと、
視覚的にもかなり楽しめる元気な舞台。

ラジャスタンの象徴、カラフルなターバンが
舞台に花を添えてたなー。
昔、日本人がイメージするインドの代表は
ターバンとカレーだったと思う。
今は何でしょうね・・・・
IT大国、経済発展、貧困、カレー(やっぱはずせない)。

ジプシーのルーツはラジャスターンが起源といわれるそうだが、
このムサフィールという集団はまさにジプシーのエンターテイメント。
渋谷のハコで観るよりは、野外イベント向きな感じ。
実際、年間150回以上のライブをこなし、
欧米では夏の野外フェスの常連とか。。。。

それでも私は120%満喫しました。 
終った後の観客の顔が何とにこやかだったか!
なんか興奮して笑いが止まらなかった。
たった一つ注文をつけるとしたら、
もっと長くやってー、ですかね。

また来てねー。






スポンサーサイト



PageTop

チチカカさん閉店


残念なお知らせです。

マニマニが入居してる自由ヶ丘リブレビル1Fのチチカカさんが
8月26日を最後に閉店されます。

17年もの間自由ヶ丘で愛されてきた、まさにこのエリアの
ランドマークでした。 とても寂しくなります。

最近の自由ヶ丘はこぎれいなお店が増えて、
週末はまさにデートスポット。
どちらかというとスマートで都会的、もしくは
ヨーロピアン調のお店がマジョリティーを占めています。

そんな中、リブレビルの一角だけは土の香りのする
お店が集まっていて、独特の雰囲気を保っていただけに
チチカカさんの閉店を聞いてショックを受けてる人は多いようです。

只今閉店セールを開催されていますので皆様是非ご来店ください
(涙)




PageTop

阿修羅

お久しぶりです。 イワノッチです。

5~6月と久しぶりに買い付けに出かけたものだから、
現地でお腹を壊したりして二度も病院へ。
ものすごく苦しかったので、あれは食中毒(?)
ヤキがまわったとはこういうことをいうのかナ・・・

でも帰国後の私を待っててくれたのは
ルジマトフの東京公演。
バレエです。バ・レ・エ!

大分前に買ってあったチケットを無駄にせぬよう
お仕事がんばりました。

今公演の目玉は何と言っても<ボレロ>と<阿修羅>。

どちらも息を呑むほどの緊張感あふれる素晴らしい舞台でした。

<ボレロ>はモーリス・ベジャール振り付けのものが有名で、
どなたもご存知かと思いますが、
ラヴェルのあの曲は、本来はスペイン舞踊のために作曲されたものだとか。
スペインからフラメンコダンサーを招いて
ルジマトフ自ら振付けた作品は、バレエなのかフラメンコなのか、
といった疑問符が浮かぶ間もなく観衆を引き込みました。
あ~~~~。

<阿修羅>は鼓、笛、掛け声だけの邦楽を使った
日本人振付家の手になるソロ作品。
ルジマトフのイメージと重なるのは
もちろんあの興福寺の阿修羅像。
私は修学旅行で初めて見たときから心を奪われました~。
20070807131156.jpg


裂ぱくの気合でバイブする鼓と肉声。
極限の表現に挑む肉体。
鬼神がのりうつったかの様な形相の、そこ居るのはまさしく阿修羅!
静かに両腕を上げてゆくだけの動作にも
何と多彩な表現があるのか! と、ため息の連続でした。

ところで、パンフを買ってルジマトフの写真を
しげしげと眺めていたら、何と腕に刺青!
それが何やら見覚えのある文字なのです!!

バレエダンサーに刺青というだけでも非常に
センセーショナルですが、それがチベット文字でOMですよ!
も~、やられた~~~~って感じです。
ますます好きになっちゃいました。
今後も目が離せません。。。。

OM

PageTop