FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

ランチ

水曜日はマニマニ定休日ですから、オカヤンお休みの日です。

お掃除・洗濯をすませて、本日はランチを外で食べる事にしました。
テラスがあっておしゃれだけど、ランチはお手頃価格なご近所のレストランです。
ランチはパスタランチがメインです。

ここは平日でもいつも混んでいる人気のお店です。
12時前に行ったので、待つ事もなく楽々席に座れましたが、
一人でいったので、カウンター席に案内されました。

テラス席が好きなんですが、ちょっと雨模様でしたから仕方ないですね。

持参した本を読みながら、ランチセットについているサラダやスープを
もくもくと頂く私。
(おしゃれなお店で、ラーメン屋におけるオヤジのような食事の仕方をする私・・・)


ここはオープンキッチンになっていて、カウンターに座ると自然にキッチンを見ながら、食事する事になります。

パスタを食べながら改めて厨房で働く人をみると、これが何ともスピーディにして、無駄が無い、絶妙な動き。

料理人は若い女性と男性の2名ですが、一度に幾つ物のフライパンを操り、次々とパスタをゆでます。

プロだから当たり前といえばそうでしょうが、パスタが丁度茹で上がる時間にソースを仕上げ、ただちにお客様のもとに届ける、それをお二人はいちいち声を掛け合わなくても、あうんの呼吸で、めまぐるしいオーダーをこなしていきます。
このお店は席数がかなりあるので、サイドディシュ担当の方は別にいるとはいえ、メインのパスタをたった二人でこなすのは、大変な習熟が必要だと思います。

いつのまにか、その素晴らしい動きに魅了されて、じっ~と見ながら食事してしまいました。
すいません、長い事見とれていました。
料理人のかたは、やりづらかったでしょうね。

まさに、プロのお仕事ですね。なんだか見ていて気持ちよかったです。

勿論、ここはお味もとてもいいです。
パスタの茹で加減もまさにアルデンテ。
とても美味しく頂きました。

ごちそうさま。



スポンサーサイト



PageTop

「小確幸」

もう、かなり以前ですが村上春樹さんの「そうだ村上さんに聞いてみよう」の中で話題になった「小確幸」という言葉がありました。

たしか日常の生活の中でのささやかな幸せ・・という意味だったような・

最近の私の「小確幸」

朝起きては、あ~あれが飲めるから朝起きるのが楽しみ!
晩はお店終わって、ちょっと疲れて帰って、まず一杯飲もう!
と、ささやか過ぎる楽しみを文字通り、味わっています。

それは、この「アプリモア」という梅から出来たクエン酸の飲物を牛乳で割って飲む事。

これが美味しいんですわ。
近所の酒屋さんで購入したのですが、
疲れ気味の体にはやっぱりクエン酸が良いですよね。
牛乳でわるとカルシウムの吸収も良くなると教えていただいて
試したのですが、このお味がとてもよろしい。

マグカップに大匙1杯程度加えるだけで、牛乳とは別物。
しいて言うなら、甘さが微妙ですっきりとしたヨーグルト飲料??
砂糖などが加えられていないので、嫌な後味がないんです。
牛乳独特の臭みも消え、夏にピッタリのさわやか飲料にへんし~ん。
IMGP0670.jpg



クエン酸なので、一日の目安は1杯ですよ。と言われましたが
美味しいので朝晩2杯飲んでいます。
本当はもっとガブガブ飲みたいんです。我慢してます。

毎日2杯のクエン酸牛乳で疲れやすい体も改善。かな?

ちなみにこれを買った酒屋さんは、店長さんが全国を歩いて
自分で良質のお酒を見つけてくるというこだわりのお店です。

お酒だけではなく、こうした品や、食品、なぜか石鹸や靴下も
おいてあります。
でも、全て共通点は、自分で見つけた本当に良質なものだけを扱う、
という姿勢のようです。

こういうお店って、とても気持ちいいですね。
勿論お酒も美味しそうなものが沢山ありました。

ただ、私オカヤンは殆ど飲めず、下戸です(涙)

PageTop