FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

タシ・クンガによるチベット音楽の話

日本人のチベタン・音楽アーティスト
タシ・クンガさんのチベット音楽紹介です♪


 *************

被災後の日本の復活を祈ります。
ただ復活はとかく多種多目的の希望を伴うものですから、
邪念は除きたいと思います。

今月の29日に護国寺で被災で亡くなられた方々の法要のため、
ダライラマ法王がわざわざ来日されます。私も参加します。

 さて今日は、チベット音楽の話をすこし始めましょう。

三味線の元祖ではないかといわれているチベットのダムニェンという楽器ですが、
チベット語で「ダ」は響き、「ムニェン」は甘いという意味です。

弦は全部で6本あり、2弦同音で上からラレソとなっています。
調律ではADGが一般的ですが、特徴として、ドからファまでは普通通り高音へ上がってゆき、
シからソまではドから低音へ下がってゆく。

チベットの地方によってはこのような調律とは打って変わったやり方もあります。
チベットの祝いには必ず登場するゴルシェ(輪の歌)のなかに、
私は一度そのような不思議な弦の設定をニューヨークで見聞きしたことがあります。

 私はトウシェとナンマと呼ばれている古典楽曲を専門としています。
トウシェはもともとトウ地方で始まったものが首都ラサ市へ伝わったもので、
ナンマは語源的には「中国的な」という意味を含んでいますが、
むろん、当時はチベットと中国は友好関係にありました。

1920年から30年にかけて、ひとりの盲目の三味線弾きで
作曲家のアチョ・ナムゲルという人がいました。
かれがこのほとんどのトウシェ・ナンマを作曲しているのです。

ふたつの楽式はそれぞれテイシェと呼ばれている遅い部分と、
トクシェと呼ばれている速い部分とで成っています。

トウシェはいつも「ドラド レド ミレミ」で始まり、
ナンマは「ソラレソ ミレミ ララドレ」で始まります。
両者ともトクシェは踊りを伴い、「ラッソ/用意」というかけ声とともに速くなり、
踊り手はいっせいに踊りを開始します。

写真:ダムニェン
写真と同じ標準の大きさの質のよい新品のダムニェンが¥40,000で入手できます。


DSCN4213_2.jpg

近日中にマニマニ・ショップに掲載いたします。
ご質問・お問合せなどはマニマニ宛にお願いいたします!


*            *             * 

***タシクンガ略歴***
チベット古典音楽奏者。ダムニェンと呼ばれている三味線の元祖を弾く。
ニューヨークに30年間滞在した後、2009年に帰国。
日本人として初めてダライ・ラマ法王の御前で演奏し、2007年に
チベット音楽賞国際部門で最優秀賞候補としてノミネートされる。著名な
チベットのミュージシャンたちと数多くの共演をしている。
http://www.youtube.com/watch?v=p2qfnH0GWIM

スポンサーサイト



PageTop

東北関東大震災への見舞いと祈り/パッサン・ドルマさんより

長年NYで活躍されたトシ・クンガさんの元に
続々と親交のあるチベタンから数多くの心配と励ましの
メールが届いています。
ダラムサラでも、日本の為に多くのチベタンが募金してくださったそうです。
世界中が日本のために祈って下さっています。
以下は、トシ・クンガさんからの文章です。

----------------------------------------------------

地震、津波、原子力発電所異変への不安と救済の続くなかで、
国内海外から私の手元にメールやその他の連絡が届いています。
世界からの声援を背に受けながら、私たち日本にいる住民として、
改善へ向けて細心の注意と協力を払いましょう。
 
最初に届いたチベット人歌手、パッサン・ドルマさんからの手紙をご紹介します。
*           *           *
親愛なるタシクンガさん、

タシデレ。元気ですか? お変わりありませんか?

元気でいらっしゃると望んでいます。というのは私はニュースにより
日本で巨大な津波が多くの家や場所、高速道路や工場を破壊し、
損害を与えているのを見ました。ほんとうに信じれない涙ぐましいことで、
テレビを見たとき、私はたいそう泣いてしまいました。

津波によって苦しめられている、苦しめられた私の日本の兄弟や姉妹たち、
そして友人たちのために、私は祈ります。

この津波によって起きたすべての障害が終わりますように。
私は祈ります、

これからの被災地での幸福、幸運と成功を。
オムマニペメフム

 オムマニペメフム------オムマニペメフム------オムマニペメフム

 オムマニペメフム------オムマニペメフム------オムマニペメフム

 パッサン・ドルマ
 2011年3月13日


Hi dear Mr Tashi Kunga la,

Tashi Delek. How are you? Is everything fine?
I hope you are fine, because I saw in news about heavy tsunami that many destroyed and damaged homes,
places, highway and factories in Japan, Its really unbelievable and tearful, when I saw in TV,
I am crying myself a lots.
I am praying for my Japanese Brothers, Sisters and friends who were suffering and suffered in Tsunami case, may their all obstracle is done with this Tsunami, so from now I am praying for there happiness,
prosperity and success. ཨོཾ་མ་ཎི་པདྨེ་ཧཱུཾཾ།།
Om Mani Pedme Hum------Om Mani Pedme Hum------Om Mani Pedme Hum
Om Mani Pedme Hum----Om Mani Pedme Hum-------Om Mani Pedme Hum

Pasang Dolma
2011.3.13

*           *           *
私が掲載した動画は、パッサンと共演した2006年長野での<はごろも>コンサートのライブからです。
↑(上記をクリックして頂けると、動画がみれます)

このライブ・コンサートCDはマニマニでお求めいただけます。


PageTop

タシクンガによるチベット音楽紹介

ようやくリニューアルを果たした(と言っていいのか?)マニマニに
強力な助っ人登場です!!

ダライ・ラマ法王14世の御前演奏をなさった事もある
タシ・クンガさんです。

タシさんの経歴にもあるように、長年NYに住まわれていた
タシさんは多くのチベット人ミュージシャンと深い交流をお持ちです。

そういった経験から、素晴らしいチベット音楽CDの紹介や
チベット音楽について、不定期的にこのブログに文を掲載してくださいます。

タシさんの協力の元にマニマニでは今後特にチベット音楽CDを幅広く
取り扱って行きたいと考えています。
一時も早く,CD・DVDコーナーも作成し、ご紹介出来るように頑張ります!
どうぞ、皆様お楽しみに!

それでは、第一回目。
ご本人による皆様へのご挨拶です。

 ***********************

自由が丘のチベットショップ・マニマニがネットによって継続されることになり、
私がその音楽コーナーを担当することになりました。

チベット音楽史にも触れ、現在活躍している世界中の
優秀なチベタン・ミュージシャンたちを紹介し、
かれらのCDやDVDを手に入れる日本一のショップにしたいと思います。

_TIB0507_s_2.jpg


***タシクンガ略歴***

チベット古典音楽奏者。ダムニェンと呼ばれている三味線の元祖を弾く。
ニューヨークに30年間滞在した後、2009年に帰国。
日本人として初めてダライ・ラマ法王の御前で演奏し、2007年に
チベット音楽賞国際部門で最優秀賞候補としてノミネートされる。著名な
チベットのミュージシャンたちと数多くの共演をしている。

http://www.youtube.com/watch?v=p2qfnH0GWIM

PageTop