FC2ブログ

チベットショップ奮闘記

自由ヶ丘でチベットに関するグッズを売るお店マニマニを経営する店長とスタッフ達の奮闘記。 日々の出来事、お店の最新情報、旅のエピソード、 チベット周辺に関わる情報交換などなど

このたびの中国青海省地震における

死傷者の数は日ごとに膨れ上がり、

確認された死者の数は1,400人を超えました。

ダライ・ラマ法王も、被災地訪問を望む声明を発表され、

犠牲者への哀悼、被災者の救済に祈りを送られているとのこと。

高地での救援活動は困難を呈しているようですが、

奇跡的に救助された妊婦の女性が無事出産などの

ニュースを耳にすると、本当に一つの命の重みを

今さらながらに思い知らされます。

被災者の方々の一刻も早い救援、救援活動をされている方々の

ご無事、そして犠牲になられた方々への哀悼を

深くお祈り申し上げます。

スポンサーサイト



PageTop

やっぱりヨガ! ティンシャで陶酔・・・

最近またティンシャを探しに来られるお客様が急増しています。
お話してみれば、やはり90%がヨガで利用される方。

シャヴァ・アーサナ(屍のポーズ・安らぎのポーズ)
の導入時に聴いた音色が忘れられず、欲しくなりましたという方の多いこと・・・

ティンシャ 八吉祥

思えばチベットの仏具が、遥か日本で女性達に
こんなに支持されているなんて・・・・
(わが友ロブサン君もおどろいてます)

それに触発され、わたくしめ、このところサボっておりました
ヨガをそろりそろりと自宅で再開いたしました。

よくバレリーナが、<三日レッスンをサボると観客に分かる>
といい、日々地道な精進を重ねていますが・・・・

三日どころか、すでに数え切れない日々を無為にすごし、
あまりに硬くなってしまった体に鞭打ち・・・
(いえ、あくまでしなやかに、呼吸をつけて)

それにしても悲しい・・・、怠け者の自分が。

わがティンシャは気が付けば引き出しの奥でひっそり・・・
いつか私の手が伸びてくるのを待っていたんだね。
(ごめん・・・・)

足裏もみもみ、体とは裏腹に、こころはインドにひとっ跳び。

あ~、旅したくなってきたな~~~~、うずうず。

PageTop

タシ・クンガさんの動画がUPされました

da


以前オカヤンの日記でご紹介した、日本人のチベット音楽家

タシ・クンガさんのパフォーマンスがユーチューブでご覧いただけます。

タシ・クンガさんの演奏


2008年11月福岡にてダライラマ法王の御前で古典の歌と演奏を

披露されているものです。

素晴らしい喉と演奏に、法王もうっとりとされていて

同じ日本人として、本当に誇らしく思います。

(赤いタプシュにチュバ姿もびしっと決まっています)



過日、マニマニにいらしてくださった時に、

この楽器を見せていただきました。。


ダムニェンと呼ばれる弦楽器ですが、とても美しく

優美な女性の姿をイメージさせる造形でした。



カトマンズのチベタンの友人にもこの動画のリンクを送りましたが、

本当に日本人なのかと、驚いていました。

(でしょうね~~~、えへへ鼻が高い・・・)




PageTop

虫が苦手です・・すいません

今年は、なんだかはっきりしない夏でした。
でも、まだまだ厳しい残暑に苦しめられるような
油断のならない気配ではあります。


数週間前、軒下に張られたブルーのすずらんテープ。
梱包用の、縦に裂けるあれです。

母が朝顔を蒔いたのでしたが、
ブルーの紐が風をはらんでシャカシャカと・・・
蔦がはうまではなんか違和感ありました。

もうちょっとセンスよく・・・って、無理か~。

2

で、伸び始めたらイッキ!
そして一本だけ、こんなに巨大になりました。

1


花は普通の大きさです。

3


<日差しをさえぎってくれて、ありがとう。

でも、虫もたくさん付いて、たくさんくわれました。













PageTop

Happy Losar !

Happy Losar !

2月7日はチベット暦の正月(ロサ)にあたります。

チベットで、そして世界中に散らばるチベット人がそれぞれの地で
この正月を祝うことでしょう。

山のように積み上げたカプセ(小麦粉を練って揚げた菓子)の周りに
色とりどりのキャンディーやドライフルーツを盛り付け、青い麦の穂を供える
お飾りが目に浮かびます。

みんな一張羅を着て、友人や親戚を年賀に訪れ、ご馳走を食べ、
とっておきのチャン(自家製ドブロク)を振る舞い、
マージャンやカードゲームに興じ・・・・
そして三が日の最後の日にはゴンパ(お寺)に参詣します。

私は買い付けに出かけたカトマンズでロサを過ごしたことが数回あります。
カトマンズのチベット人家庭に招かれて体験したロサの楽しい思い出が
様々あるなかで、やはり印象深いのは正月三日目のボダナートでの儀式です。

その時は皆ツァンパという麦焦がしの粉と
サン(魔よけに焚く香草)、そして五色旗を懐に出かけて行くのです。

その日のボダナートはとにかくものすごい人出で目が回るほど。
これから営まれるプジャ(法要)を少しでもいい場所で見ようと
場所取りに必死の人々。

losa3.jpg


持参したサンは所定の場所にくべて炊き上げますが、
大勢の人が持ち寄るので山のようになり、もうもうと煙を出します。
とにかくいい香り。

losa4.jpg


プジャはホルン、シンバル、ドラといった鳴り物をジャンジャン響かせて
にぎにぎしくも厳粛に始まり、主のいない玉座が恭しく担がれてきます。

losa2.jpg


一通りの読経が終るといよいよクライマックス。

皆さん持参した懐のツァンパを取り出して準備します。
そして先導の掛け声に唱和しながらツァンパを空中に放ります。

losa1.jpg


”キキラソー” (掛け声はこのように聞こえてますが・・・・)

これが締めくくりで、日本でやるところの一本締めみたいなものでしょうか。
三宝への感謝と一年息災で過ごせるようにとの祈りを込めてパーっと景気よくやります。

私もチベット人の友人とツァンパにまみれて互いを祝福しあったことを
思い出します。

まだまだチベットを取り巻く情勢は楽観視できず、今後の行方が案じられますが、
新たな年を迎えるにあたり、ダライラマ法王のご健勝と
チベットに自由と平和の日々が一日も早く訪れることをお祈りします。

******************

losa5.jpg

PageTop

浦和レッズ ACL優勝!

私イワノッチは生粋の埼玉県人でありまして、
サッカーJリーグの浦和レッズのファンであります。

日韓共同開催の2002年ワールドカップのために
巨額の税金を投じて建設された埼玉スタジアム2002は
自宅から車で10分の距離。
saisuta2.jpg



都心とスタジアムを結ぶ地下鉄埼玉高速線も
同じく途方も無いお金を投入して敷かれ・・・・
イワノッチの通勤時間を片道10分短縮してくれたかわりに
交通費は片道180円のUPとなった。
運賃が日本一高い電車という汚名を冠する路線だ。

これらのことをネガティブに捕らえると無性に腹が立つのだが、
文句を言っても税金は返らない。

それなら開き直って、自分も楽しむしかないと・・・・

でもホントのところはやっぱ
<おらが町のチーム>を応援したいだけ。
200711141924001.jpg


取り立てて自慢できるものも無い埼玉だけど、
<浦和レッズ> <ジョンレノンミュージアム>
そして鉄ちゃんの聖地!今最も熱いスポット
<鉄道博物館>
この3つは世界に誇れるかな・・・・

よし、誇ろう!

200711142142000.jpg


stand.jpg

PageTop